竪川河川敷公園 概要

<竪川河川敷公園(たてかわかせんじきこうえん)>

公園住所:東京都江東区亀戸1-1先
※亀戸1~9までの住所になります。

●施設・設備
バスケットゴール
水上アスレチック
カヌー・カヤック場
水遊び場
フットサル場
パターゴルフ
●遊具 ストレッチ遊具 広場
 

この竪川河川敷公園の中間に下のような説明があります。

竪川河川敷公園護岸宣言

竪川河川敷公園の説明


『 竪川は、万治2年(1659年)に開削された運河で、
すぐ北側を千葉県街道(元佐倉道)が並行していたこともあり、
かつては小名木川・大横川・横十間川とともに水路として利用され、
物資の輸送はもとより、
人々が船で移動する「川の道」としても親しまれました。


明治末期からは、
工業の発展に伴い資材運搬の水路として利用されていましたが、
地下水の汲み上げによる地盤低下により、
護岸は嵩上げを余儀なくされました。


しかし、
江東内部河川の整備によって護岸高が必要なくなり、
経年劣化していた「かさ上げ護岸」の上部を切り取り、
公園との一体的整備を行いました。


この護岸は、
嵩上げし水害から町を守った歴史を後世に残し、
低地に暮らす水防意識を継続していただくため、
その一部を残しました。


江東区土木部 』

 

竪川河川敷公園は、JR亀戸駅から京葉道路(国道14号線)南方面で、
首都高速道路7号小松川線の高架下を利用して、
親水公園として活用しています。

亀戸1丁目~9丁目までの間が公園として整備されています。

自然の水の流れを利用した造りで、
水上アスレチックやカヌー・カヤックなどの設備や
フットサルコート・親子でドッジボール広場、
ゲートボール場などがあります。

亀戸1丁目からの公園の入口からは横十間川と交差しています。、
また、ここの入口から猿江恩寵公園が望めます。
猿江恩寵公園までは歩いてすぐの所にあります。

スポンサードリンク


アドセンスなど広告はこの位置に入ります。
single.phpの該当箇所へアドセンスコードを挿入します。
「スポンサードリンク」の文字は消さないほうが良いでしょう。

堅川河川敷公園について

旧亀島橋(横十間川)から

カテゴリ

このサイトを検索

Copyright(c) 2015 江東区の高架下の公園 竪川河川敷公園 All Rights Reserved.